右手にタロット、左手にハリセン

覆面占い師ハリセン札子の占いブログ。ツッコミきつすぎてタロティストってよりもはやテロリスト

White Catsというタロットデッキ②

私生活も仕事もなんだか猫に翻弄されている気がする占い師、札子よ。

今日は、この間のタロットデッキの話の続きみたいなものだわ。

 

人によって愛用のデッキというのはあり、それを使う理由は人それぞれだし、私は占う側と占われる側の双方がそれで良ければ何でもいいと思うわ。

 

そうね、数あるデッキの中で私がこれを愛用している一番の理由は・・・・

 

ずばり、絵面が愛らしいからね。

 

 f:id:harisenfudako:20170318062415j:image

あ、このハチワレも可愛いのだけれど。

とりあえず、カードよ、カード。

可愛くて美しいわ。

 

すっかり占いの定番になっているとはいえ、やっぱりまだ「タロットカードは怖い」というお客さんも多いのよ。

 

確かに大アルカナで言えば“悪魔”や“死神”、小アルカナだと“ソード10”なんかは少し怖いわね。

 

カード自体は別になんの力もないから怯える必要はないわ。

たまに「タロットって魔力があるんですよね?」なんていう人もいるけど、そんな大それたものが楽天でポイント○倍とかで買えるなら逆に凄いわ。

Amazonの倉庫なんて今頃悪魔の宴会場になっているはずよ。

(書籍も含めて相当ありそうじゃない、Amazonの倉庫)

 

でも、これはタロットカードという物に慣れ親しんだ者の考え方。

普段占いにくる人たち全てがそうではないわ。

 

私は基本タロットカードには“絶対的にいいカード”も“絶対的に悪いカード”もないと思うわ。

どんなカードも適材適所があって、いい所に出ればいいし、マズい所に出ればマズのよ。

大体、人生で起こる出来事において“良し悪し”を決めるのは当事者の主観であり、その現象自体には善悪はないわ。

 

“禍福は糾える縄のごとし”とはよく言ったものね。

例え小さな不幸にあっても、それのお陰でその後に待ち構えていた大きな厄災を逃れられた例も沢山見ているから私は心底そう思うのよ。 

 

そもそもカードで悪い暗示が出ても“必ずそうなる”という話ではないの。

あくまでも可能性だし、それを回避するために未来を見るんでしょ?

 

でも、見た目に怖いカードが出ると、もうそれだけで話が頭に入らなくなってしまう人もいるわ。

 

f:id:harisenfudako:20170318062342j:plain

たかが占いで大げさ? でも不安を抱えた人にとっては大問題なのよ。

先に言ったように必ずカードの通りの未来が来るわけではないわ。

 

占いはどこまでも予測であり、予測は予定でも決定でもないわ。

そして悪い予測ほど外すから意味があるのよ。

 

だから、どんな結果が出ても必要以上に怯えずに正面から受け止めて行動して欲しいといつも思っているの。

確かに私は厳しいこともいうけれど、それと必要以上に相手を怖がらせることは別物。

 

確かに生来ツッコミが激しくて意識しなくても辛口ハリセン札子だけれど、占い師という立場を利用して暴言を吐いたり、怪しいモノを売りつけるような奴は大嫌いなの。

 

このカードは、どの絵柄もどことなくユーモラスだから怖がる人が少ないわ。

f:id:harisenfudako:20170318062434j:plain

 それに猫って色々とラッキーなジンクスが多いのよ。

黒猫は時代や地域によってアンラッキーな言われ方もするけれど、白猫は大体良いジンクスね。

 

私はただ出てきたカードの意味や自分で見えているものを語るだけだから、特に相手ご機嫌取りは考えてないわ。

 

それでもね、困って目の前に座った相手にはちゃんと自分の足で立って人生を歩んで欲しいと思っているのよ。

 

カードの白猫達は、その道先案内人としてちょうどいいのよね。

f:id:harisenfudako:20170312134903j:plain

ご希望があれば、他のデッキで見ている事もあるのだけれどね。

 

他のデッキの話もまたおいおいしていこうかしらね。

 

 

※様々な占星術家が日替わりで投稿「占いリレーブログ」

土曜日を担当しているわ、どうぞよろしくね。

http://uranai-relay.jugem.jp/

 

何気に好評、覆面占い師のメール鑑定。こっそりオプションメニューが増えてるわよ。

もうすぐ悩めるあなたの心にど直球な新メニューも発表になるわ。

 

Twitterでは割とこうゆうサバけた事も呟いているわ。

 

 

YouTubeジップロックの新しい使い方って広告を見たけれど、私も雨の日は念の為にカード類をジップロックに入れてからバッグに入れるわ。気合だけでカードを守れるわけがないでしょ!!転ばぬ先の杖、濡れる前のジップロックよ!

 

 

 

White Catsというタロットデッキ

私の名は札子。

私の名は札子。

 

毎日愛猫に翻弄される女占い師、札子よ。

 

そうよ、猫の前では海千山千のババアも天才画家も下僕に過ぎないわ。

何しろこんな名言が残っているんだから。

 

「猫科の一番小さな動物、つまり猫は、最高傑作である」

 

全くもって同感だわ。心の底から共感するわ。

死ぬまでにドラえもんを捕獲出来たら、タイムマシーンで過去へ飛んでいって、その画家と猫談義したいほどだわ。

 

え?なんで唐突に猫の話をしているかですって?

 

そりゃぁ、愛用のタロットデッキが“猫”だからよ。

 

 

今更感があるけれど、占いリレーブログの初回でデッキの話をしたから、ここでもするわね。 

 

私のデッキの歴史を見ていくと、そんなに何でもかんでもではないわ。

最初はベーシックなライダー・ウェイトデッキだったわ。

もっと太古まで遡ると、カード占いとしては“トランプ占い”が最初だったわね。

 

うちは元々スピリチュアルな能力のある人がチラホラ出る血統なのだけど、トランプ占いもそんな不思議なモノが見える親戚の姉様に教えてもらった事の一つよ。

 

タロットカードを初めて手に取ったのは花の女子高生のあたりかしら?

何がきっかけだったかは覚えていないけど、ハードになったスピリチュアルな生活の対処法を探す中で見つけた気がするわ。

 

 

ライダーから始まって、それ以外にも絵柄が気に入って買ったものもあったんだけど、使ってみるとあまり馴染まなくて、結局コレクションになってしまったものもあったわ。

これはカードがどうではなくて、私がまだまだ未熟だったせいもあるわね。 

 

それでしばらく「やっぱりシンプルなものじゃなきゃ駄目なのね」と思っていたんだけど、ある時友人にプレゼントでもらったのよ! これを!!

 

 f:id:harisenfudako:20170302174829j:image

 もう何年前の事か忘れてしまったけれど、当時はまだAmazonも今ほど大盛況ではなかったはずだから、友人が何処から手に入れたのかは謎よ。

 

初めは「あら可愛らしい」と飾っていたんだけど、ある時ふと使ってみようと思って使ってみたのよね。

そしたら普通に使えるじゃない!!

 

それ以降、猫の好きなお客様がくると時々これを使っていたのだけれど、最近はほぼメインになってきているわ。

 

 

周りで使っている人がいないから、ずっとマイナーだと思っていたのだけれど、最近はタレントの栗原類さんがこのwhite catsを愛用しているという事で知っている人が増えたし、人気があるみたいね。 

 

内容としては基本的にライダー・ウェイトデッキに沿って作られているけど、大アルカナの“正義”と“力”の順番が逆になっているわ。

 

勿論、構図としてやや違う部分もあるし、入っているべきモチーフが足りないという時もあるけど、ライダーデッキの構図はほぼ頭に入っているから特に問題はないわね。

 

そもそも、相談を受けて人を視るというのは、元はカードなしでやっていたものだから、カードはその補助に過ぎないわ。

だから、別にカードは割とどうでもいい所もあるのよね。

むしろどうでもいいと気付いたから、割となんでも使えるようになったということかしら?

 

相談に乗っていて一番難しいのは視ることよりもそれを上手く伝えることだから、目の前に物質としてカードがあると、私も相手も双方が楽だし深く納得がいくのよ。

 

 

私は新しいデッキを手に入れると、解釈の元になるイメージを覚えるという意味ではなく“カードと対話する”という意味を込めて、一枚一枚を手に取って思い浮かぶイメージを一度手帳なんかに書いていってみたりするのだけどね。

 

そうね、このwhite catsは、どのカードもとてもお喋りだわ。

そしてとても気まぐれ。

 

 f:id:harisenfudako:20170302174932j:image

 

日頃、ナマ猫の気まぐれさに相当振り回されていて免疫がついているから、カードの気まぐれ如きには惑わされないわ。

 

ただ、前にクロスについての記事でも書いたけれど、ジャンピングカードと呼ばれるものがとても多いのがこのデッキ。

シャッフルの途中で飛び出すジャンピングカードを重要視しない人もいるけれど、うちはとりあえず脇に寄せるわ。

 

意外とね、ピンポイントで問題の象徴部分のカードが出てきたりするから面白いわ。

 

他のデッキに比べると多い理由は分からないわ。

占いの道具とはいえ、所詮はただの紙でできたカード。カード自体に特別な力はないはずなんですからね。

 

やっぱり猫だからかしら。

猫だから、猫ゆえに。 

ふっ・・・ナマ猫様の気まぐれに比べたら、白猫の気まぐれなんて可愛いものだし、この子達はとても勤勉よ。

 

 

次回は、またこのデッキについての話をしようかしら?

まぁたまには好きに語るのもいいでしょう。

興味があったらお付き合い頂けると嬉しいわ。

 

 

※様々な占星術家が日替わりで投稿「占いリレーブログ」

土曜日を担当しているわ、どうぞよろしくね。

http://uranai-relay.jugem.jp/

 

何気に好評、覆面占い師のメール鑑定。こっそりオプションメニューが増えてるわよ。

もうすぐ悩めるあなたの心にど直球な新メニューも発表になるわ。

恋愛から仕事までオールジャンル占います 現状から対策まで。ボリューム鑑定致します。

 

Twitterでは割とこうゆうサバけた事も呟いているわ。

 

3/13~3/19までの運勢

そんなに宣伝はしていないんだけど、それなりに鑑定依頼がきているタロティスト札子よ。

 

意外と皆依頼してくれて、喜んでくれるから嬉しいわ。

f:id:harisenfudako:20170312104531j:plain

基本スタンスはいつもココだもの。

まぁ私も自分の時間と気力は削るからタダというわけにはいかないし、人はタダやタダ同然のものを大事にはしないわ。

 

さて、明日からの一週間を見ていこうかしら?

 

・13日(月曜日)「ペンタクル4(逆)」

 f:id:harisenfudako:20170312134650j:image

人生において“慎重である”というのは大事な要素よ。

でも石橋を叩きすぎて渡る前に壊してしまっては意味がないわ。

 

・14日(火曜日)「ワンド6(逆)」

f:id:harisenfudako:20170211163458j:plain

スランプに陥った時ほど落ち着いて行動して。

そして一人で頑張らず、仲間に助けを求める事が大事よ。

 

・15日(水曜日)「ワンド10」

 f:id:harisenfudako:20170312134706j:image

無理せず行けるのが一番だけど、人には時として“絶対に降りられない戦い”に巻き込まれる事もあるわ。

そうゆう時はね、諦めて地道にやるしかないのよ。そしてやらないと永久に終わらないわ。

 

 

・16日(木曜日)「カップ3」

 f:id:harisenfudako:20170312134711j:image

どんな時でも協力し合える仲間を作っておくのはいい事よ。

そのためにはまず自らが協力すること。

そして見返りを期待してはならないわ。

 

 

・17日(金曜日)「ソード7(逆)」

f:id:harisenfudako:20170312134717j:image 

絶望的な状況でも諦めなければ光は指すわ。

その人の本性というのは苦難の中でこそ現れるのよ。

 

・18日(土曜日)「カップ9(逆)」

f:id:harisenfudako:20170225091441j:plain

今あるものに本当に満足しているなら何も言わないわ。

でも失敗を恐れて欲しいものを取りに行かないのは間違いよ。

 

・19日(日曜日)「ペンタクル5(逆)」

f:id:harisenfudako:20170312134732j:image

つまずきながらも自ら歩く人は例えボロを着ていても豪奢な服で寝てばかりの人より魅力的だわ。

 

 

・今週のキーパーソン「カップナイト」

f:id:harisenfudako:20170224042313j:plain

今週あなたを助けてくれるのは、「白馬の王子」物腰の柔らかいフェミニストな男性よ。

でも、甘い言葉をそのまま信じないように気をつけてね。

それ、挨拶みたいなものだから。

 

 

・今週のラッキーアイテム「太陽」

f:id:harisenfudako:20170312134903j:image

今週は黄色のものを身につけると、逆境に打ち勝つパワーをもらえるわ。

 

 

自分で出しておいてなんだけど、今週は結構厳しいカードが揃っているわね。

世の中には平穏無事な人生を送っているのに「退屈だ」という人もいるのだから、山あり谷有りのほうがいいかもしれないわ。

 

こんな怪しい女がやっているのに地味に高評価。

札子のココナラメール鑑定はこちらよ。

鑑定の質は落としたくないから基本大量受注はしていないわ。

恋愛から仕事までオールジャンル占います 現状から対策まで。ボリューム鑑定致します。

 

 Twitterを始めたわ。フォローよろしくねw

 

広告を非表示にする

土曜日は貴族的な猫たちが語る“週末占い”

私の名は札子。

私の名は札子。

 

極度の寒がりで早く冬将軍に卒業してもらいたい女、札子よ。

 

先週から「占いリレーブログ」というものに参加しているわ。

何をやろうかと思ったけれど、やっぱりここでも猫タロットを引くことにしたわ。

 

最近のメインはWhite Catsだけど、実はまだあるのよ、猫タロットが。

f:id:harisenfudako:20170311064350j:plain

Medieval Cat Tarot

 

「お前どんだけ猫タロット持ってるんだ?」って話だけど・・・それはトップシークレットよ。

強いて言えば、ダヤンのタロットデッキはまだ持っていないわ(笑)

 

自分で買わなくても集まってくるのよね、猫とカードは。

 

白猫もいいカードだと思うけれど、Medievalも面白いカードよ。それに書かれている猫たちがとても優美だわ。

 

そう、私は綺麗で面白いものが好きなのよ。

f:id:harisenfudako:20170311065806j:plain

擬人化という意味では白猫も擬人化なのだけれど、こっちはまたちょっと違った感じね。

表情も独特だし、着ているお洋服も中世の貴族ファッションを模していて見ているだけでも楽しいわ。

 

このThe Devilなんて・・・ちょっとイケメンでしょう?

f:id:harisenfudako:20170311065008j:plain

ただ、これはカードの意味を説明する時に説明しづらいから、普段の鑑定ではあまり使っていないのよね。

リーディングする分には、足りない要素は全部脳内補完で賄えるからいいのだけど。

 

でもね・・・可愛いの。

本当はとっても・・・見せびらかしたいの。

 

と、いうわけで、占いリレーブログではこの子達と一緒に

「週末の傾向と対策」

というものを占うことにしてみたわ。

 

早速、今日の分は更新してあるから、興味のある人は覗いてみてくださると嬉しいわ。

 

それにしても、このカード、コーティングが綺麗すぎて写真を撮ると光るわね。

来週から照明どうにかしようかしら?

 

様々な占術家が日替わりで更新中

「占いリレーブログ」

http://uranai-relay.jugem.jp/

 

 Twitterを始めたわ。フォローよろしくねw

 ココナラでも時々やっているわよ。

お試しでも78枚フルデッキで鑑定致します 今後の予測を立てるスリーカードスプレッド

 

真紅のタロットクロスで鑑定を始めたわ!

対面でもメールでも結局厳しい時は厳しい女、札子よ。

 

今お試しとして無料で簡単な鑑定をしているわ。

(私自身がメール鑑定というよりもココナラの機能に不慣れだから)

お試しでも78枚フルデッキで鑑定致します 今後の予測を立てるスリーカードスプレッド

 

実は、ちょっと専門的な鑑定もしているわ。

恋愛から仕事までオールジャンル占います 現状から対策まで。ボリューム鑑定致します。

 

今がこの完全覆面の怪しい占い師の鑑定をお得に試すチャンスよ!!

 

それはさておき、先日タロットクロスを取り替えたのよ。

別に雑に扱っているわけではないけれど、なんだかんだで酷使するから使えばそれなりにへたれるわ。

 

人によって考えは違うと思うけれど、私は使い込んでボロッボロのカードやクロスで鑑定するのは嫌だわ。

確かに多少クタクタのほうが使いやすくはあるんだけど、やっぱり客商売ですもの。

お客様に申し訳ないわ。

 

それでクロスを探し始めたんだけど、中々ないのよね・・・・

私としては無地で黒でベルベットが欲しかったんだけど、どうもね。

 

もう諦めて自分で縫おうかと思っていたら、いいクロスが見つかったのよ!

赤は選択肢になかったわ。いいわ、これ。

中央の刺繍もいいわね。

 

あ、値段はどうでもいいの。私、自分が気に入れば高かろうが安かろうが関係ないのよ。

 

でも、せっかく数日後に楽天のセールがあるなら数日待ってからお得に買うわ!!(笑)

 

そう、それぐらいの思慮深さは持ち合わせているのよ。

 

今は便利ね・・・ポチっと押すだけでクロネコが配達してくれるわ。

 

で、届いたんだけど・・・・やっぱりいいわ。

f:id:harisenfudako:20170309140254j:image

カードを乗せても映えるわね。

f:id:harisenfudako:20170309140301j:image

猫を乗せても映えるわね。

f:id:harisenfudako:20170309140144j:image

ふふん、クロネコが配達したクロスの上に白猫とハチワレが乗っているのは愉快ね。

 

強いて難点があるとしたら、中々シワが取れない事かしら?

 

「札子さん、クロスぴんぴんですか?」

 

ってお客様に言われたわ・・・そうよ!ぴんぴんよ!!

 

それとね、この絵はね、嘘よ。

f:id:harisenfudako:20170309140729j:image

クロスのパッケージだけど、こんなに小さくないわ。

それともこの占い師が巨人の設定なのかしら? イタリア製だし、きっとイタリア人なのね。。。

 

ちなみにデッキのWhiteCatsと同じLO SCARABEO社製よ。

やっぱり物にも同郷のよしみとか、仲間意識ってあるのかしら?

クロスを変えてから、カードの機嫌がすこぶるいいわ。

元々、白猫カードは何故かジャンピングカードが多いのだけど、何故か増えた気がするのは気のせいかしら。

というか、むしろジャンピングカードだけ読んだら鑑定終わりそうな勢いでピンポイントのが出てくるのは何故かしら?

 

久々に詰め詰めで鑑定をする事になりそうだから、これでたっぷり働いてもらわないとね。

 

※久々にTwitterも登録してみたわ。時々謎の発言を呟くから暇な人は見てみると暇は潰れるわよ。

 

 

 

メール鑑定でもしてみようかしら?

私の名は札子。

私の名は札子。

 

いくつになってもチャレンジ精神がなくならない血の気の多すぎる女、札子。

 

そうなのよ、今でも新しい事をするのが好きよ。

前にも書いた気がするけど、あまりにもアッチコッチを食い散らかすような事は浅ましいから嫌いよ。

だけれど一つの分野でやり方をアレコレ試すのは好きだわ。

 

そんなわけで、ちょっとメール鑑定をしてみようかと思って、いま話題のココナラに登録してみたの。

 

お試しでも78枚フルデッキで鑑定致します 今後の予測を立てるスリーカードスプレッド

 

なんだかんだ言って、スピリチュアル業界もITについていかなければならないのよね。

いえ、むしろ自宅で仕事ができるなら私としてはそれに越したことはないのよ。

 

なぜなら、

私は、

公共交通機関が嫌いなのよ。

弱いのよ、三半規管が・・・・。

地下鉄でも体調が悪いと途中下車してホームの端まで全力疾走をしなければならないほど弱いのよ・・・。

 

車で出ると・・・駐車場代が馬鹿にならないのよね。

そして最終的に猿や狸が闊歩する田舎に住みたいのよ。

 

田舎に越して占い師をやめても、どうせ近所の人の相談を聞く羽目になるのは分かっているわ。

大体、田舎に住んでいた頃から結局人生相談にのっていたんですからね。

だったら、どこにいても占いをできるようにしておいたほうがマシってものよ。

 

電話でもいいのだけれど、電話だと鑑定途中に猫が鳴いたりするからそれもどうかしら?と思ってメールにしたわ。

 

 

え?鑑定中もこの口調で書いているのかって?

 

鑑定中は普通よ!(笑)

 

でも、今後それで対応して欲しい人が増えたら、この調子でやるわ。

 

いずれにしろ、まだココナラ自体のシステムに慣れていないから、しばらくお試しでワンコイン鑑定をしているわ。

興味のある人は上のリンクから来てくださると嬉しいわ。

彼は白馬の騎士様?モテ男のお悩み鑑定

ここ数日で急に春めいてきた気がするわ。

花粉症でのたうち回る人々を尻目に春を満喫する女、札子よ。

 

え?冷たいですって?だって体験したこともないのに「その気持ち分かるわぁ」と言っても説得力ないでしょう?

同情はしても共感は出来ないわ。私はそうゆう見え透いた嘘が嫌いなの。

 

さて、今日の公開鑑定は男性よ。

そうよ、男性だって悩んで占いに来ることもあるし、別にそれは悪いことではないわ。

男性の占い師だっているんですからね。

 

30代の男(独身)です。

昨年あたりから地雷女ばかりに引っかかってしまって困っています。

自分からアプローチした分については自業自得ですが、その後も妙に人妻から怪しいお誘いが多くて・・・中には大分お年を召した方もいらっしゃって困り果てています。

しかし仕事柄全く女性と絡まないのも無理です。

どうしたらこの変なモテループから抜けられるのでしょうか?

 

はた迷惑なモテ期到来中ね。

更に仕事でも絡むとなると厄介ね。

 

とりあえず、カードに聞いてみましょう。

 

・過去の状況「隠者」

f:id:harisenfudako:20170306084452j:image

解釈は色々あるけれど、隠者は賢者に通じる所があると思うわ。

だから当然そのような読み方になるのが通例だとは思うのだけど、今回はこの後の展開から行って、どちらかというと“とりあえず山まで来たけど、戻ろうかどうか様子を伺っている”ように見えるわ。

隠者と言えど人間。完全に一人にはなれないという事かしらね。

同じくあなたも過去の痛手(その地雷女かしらね?)から、一度は一人離れる事を考えたのかもしれないけど、思うところがあって戻ったのが現在に繋がるところよ。

 

・現在の状況「力(逆)」

f:id:harisenfudako:20170306084500j:image

隠者が自己探求を捨てて俗世に戻った結果、獅子ならぬ女豹に追い回されて食われそうになっているという事かしら?

このカードだと尚更そうゆう風にしか見えないわ。食われる寸前で踏みとどまっている風だわ。

 

お仕事は●●●●●と伺っているのだけど、確かに女性との絡みは多いし、仕事を考えると邪険には出来ないわね。

あなたとしては「いい商売相手」として近寄っていったのかもしれないけど、逆に制御出来なくなっているわ。 

なぜそうなったかは、また後から書くわね。

 

・未来の状況「戦車(逆)」

f:id:harisenfudako:20170306084506j:image

このまま行くと、恐らく仕事的にも行き詰まるわ。

確かに仕事柄複数の女性に愛想よくする必要はあるけれど、相当な強い意思でコントロールしていかないとトラブルの元よ。

もう少し感情を内にしまって冷静に行かなければいけないんじゃないかしら?

 
・周囲の人々・環境「ペンタクル7」

f:id:harisenfudako:20170306084713j:image

周囲の人々は今まであなたを無条件に認めていた部分があるのだけど、そろそろ新しい査定にかけようとしているわ。

「なんだか名前もよく見るし、人気があるからとりあえず良い人だと思っていたけど、真偽はどうだろう?」

っていう所かしら。

ここで見られるのは単純な人柄だけではなく、職業人としての価値でもあると思うわ。

そしてあなた自身もそろそろそうゆう時期に来たと気付いているはずよ。 

 

・無意識の望み「カップ8」

f:id:harisenfudako:20170220063417j:plain

なんだか最初の隠者を思わせるわね。

ただ、過去よりも今の方がもっと強く“見切りをつけたい”と望んでいるようだわ。

その自分から踏んだ地雷女だけに限らず、今あるものを精算したいのね。

そのために裸一貫からやり直してもいいくらいの気持ちはあると見えるわ。

 

・取るべき対策「悪魔(逆)」

f:id:harisenfudako:20170306084720j:image

率直に言えば「悪縁を切りなさい」という事だし、どんな理由があろうとも誰にでも彼にでも甘い顔をしていてはいけないという事よ。

 

そしてこれは単純に相手がどうという話ではなく、あなた自身の心もそうとうい事だと思うの。

「仕事のため・・・」とは言いつつも、完全に割り切っていない部分が上記の“力”のカードの部分で制御不能に陥った原因でもあるわ。

あなた自身もある種「あわよくば」と思うところがあって、肉食獣はそうゆうのを嗅ぎ分けるのよ。

 

それに仕事のためとはいえ相手に誤解を与えるような事をしてはいけないし、仕事を取るためにそのようにしているのなら、それはプロとしての自信や誇りがないからなのではないかしら?

 

いくら女性と絡む仕事とはいえ、あなたはホストではないんだからそこまでイイ顔をする必要はないと思うわ。

寄ってこられるのが嫌なら、私は「恋人がいるので」と言ってしまってもいいと思うわ。

え?嘘は嫌?嘘ではないわ。「仕事が恋人」なんですからね。

 

ま、それでも寄ってくる肉食獣もいるけど・・・そこはひたすら逃げ回るしかないわね。食いつかれたら終わりよ!

 

・結論「教皇(逆)」

f:id:harisenfudako:20170306084726j:image

もう少し自分の仕事に自信を持ったほうがいいわ。

別にそこまでして女性に媚びを売らなくても仕事はくるし、必ずしも女性と絡む必要もない仕事だわ。

組織や人の繋がりに頼るのではなく独自の動きをしていけば、もっと変わるわよ。

もうね、人からの教えを乞う時期は終わっているのよ。ちゃんと独り立ちしなさいね。

 

 

で、ここまでまとめとして出したのだけど、シャッフルしている途中に一枚飛び出たカードがあるのよね。

 

f:id:harisenfudako:20170224042313j:plain

「カップのナイト」

 

このデッキだとこんな感じだけど、ライダー版だと4人のナイトの中で唯一白馬に乗っているのがこのカップのナイトなの。

 

全部見ておいて言うのもなんだけど、私は結局これが全ての元凶な気がするのよね。

 

つまり・・・あなたの周りのババア奥様にとってあなたは「麗しい白馬の騎士様」なのよ。

 

退屈な人生から自分を攫って愛とロマン溢れる冒険の旅に連れ出す・・・あぁ、まさにハーレークィーンの世界観ね。

 

あなた自身はそんなつもりはないのかもしれないし、若くて女としての自信にあふれた人や普段から異性と話す機会のある人はなんとも思わないかもしれない。

 でもね、世の中にはそうでない人も確実にいるのよ。

 

営業スマイルを「私だけに向けられた特別な笑顔」と受け取ってしまう人もね。

 

 

確かに一見物腰が柔らかいのよね。

普通のサラリーマンさんなんかに比べるとロマンティストなの。

ここは確かに職業柄なのかもしれないわ。むしろそうでなければ出来ない仕事だわ。

 

比類なき二枚目とは言い難いけど生理的に受け付けなさそうな3枚目でもないし、手を出しやすいといえば出しやすい。

 

こう言っちゃなんだけど、その微妙な抜け感が年上のマダ~ムには堪らないのかもしれないわ。

よく言うところの「母性をくすぐるタイプ」ってところね。

 

 

いずれにしろ、女性のお客さんとはもう少し距離を取ったほうがいいわよ。

今は「絶対ない」と思っていても、何があるか分からないのが男女なの。

 

特に相手が人妻なら、何かあった時確実に巻き込まれるわ。

そしてそうなってしまうと、今まで味方だった女性が皆敵に回る可能性も出てくるわ。

 

特に今の仕事がひとつのコミュニティ内のクチコミから成り立っているようだから・・・・最後の教皇は、そこから離れるべきと言っているのかもしれないわ。

 

 

ロマンティックなのはいいんだけどね。

優しいのも悪いことではないんだけどね。

もう少し確固たる意思を持ったほうがいいと思うわ。

 

小金持ちマダムの若いツバメになりたいなら別だけどねぇ。